6月9日相続研究会

こんにちは!
c-firstの植田です!

実は私は採用サイトの管理だけでなく相続サイト等の管理もしているんです。
そのことが関係してか、6月9日に船井総研の「相続・財産管理研究会」に参加させて頂きました。
少し固い名前ですが、相続の研究ではなく「相続案件のお客様をいかにして増やすか」を研究します。
この日は全国から東京に100人近い先生方が集結し集客方法を報告し合いました。

20180609_152118858

今回は不動産業者様や保険会社様、金融機関などから相続案件のお客様を獲得する方法などが紹介されました。

各業者様との信頼を築く糸口はどこにあるのでしょうか。
例えば保険会社様に対して我々から保険商品をお探しのお客様を紹介できます。
相続対策のご相談に来られたお客様の中には生命保険などへの加入をお考えになる方がいらっしゃるからです。
保険会社様にお客様を紹介する事を続けているとセミナーの共同開催を相手から提案されることがあるそうです。
もちろんこちらから提案することも出来ます。
保険会社様からすると資格業のブランド力と相続知識を得られ、司法書士からすると保険会社様の集客力を授かることで一般のお客様へアプローチする機会を得られるというわけです。
この場合はまず初めにこちらからお客様を紹介するという事が糸口になったわけです。

なお、セミナーの参加費用と交通費は事務所からでます。
私の場合は往復で3万円+参加費2万円で計5万円。11時~17時まで僅かな時間に5万円の費用が出ており、これが江辺と私の二人分なので10万円近くなります。これが年3~4回程度あるそうです。
決して安くはありませんがこのセミナーにはそれをペイ出来るだけの価値があるから続けられるのだと思います。
実際、江辺はここで学んだことを生かし相続分野の売り上げを大きく伸ばしています。

そして、どんなに素晴らしい事を学んでも実践する場所がなくてはスキルは伸びません。
「いい事を学んだ」「役に立つことを覚えた」で満足して終わってしまえば
映画を見たのと一緒です。
スキルを伸ばすにはインプットする場所とアウトプットする機会を同時に得る必要がありC-firstにはその両方の環境があります。

 

気になった方はお話だけでもしに説明会及び座談会に応募してみては如何でしょうか。

お知らせの最新記事

PAGE TPO